C値高水準0.5以下の高気密全棟気密測定

“健康で安心して住み続けることのできる家として
見えない部分にも手を抜かない。”

1棟1棟、現場で気密測定を実施することで
確実な気密性能をお約束し、
快適な住まいを実現します。

そもそもC値ってなにかご存知ですか?

快適な家は、断熱性能だけでなく、気密性能も重要です。
ここでいう気密性とは「建物の隙間」のことを指します。
隙間があると夏は蒸し暑い外気、冬は冷たい外気が家の中に入り、冷房の冷気や暖房の
暖気が外に逃げてしまうため、高性能な家づくりには欠かせない数値となっています。

Check!

エコスマのC値は一般的な
住宅会社に多い
C値5.0を圧倒的に上回る0.5

エコスマの住まいは高水準の0.5 C値高水準の0.5を気密測定からも記録。他社と圧倒的な差を実現します。 一般的な住宅会社 一般的な住宅会社は気密性能C値5.0が最も多く施工されています。

C値5.0とC値0.5の気密性(隙間)の
実際の差とは…

比較するとここまで違います!

エコスマの気密性能の実績 はがき 0.7枚分 温度ムラが無くなり足元も頭も一定の温度になる。→省エネルギー
国の定めた気密性能の基準 はがき 3.5枚分 住宅の温度差が大きいと必要以上に冷暖房を使います。→光熱費アップ…

他社では珍しい!?
高気密を謳う住宅会社には欠かせない

全棟気密測定を実施

当社では、住宅の構造体と開口部(サッシ・ドア)の工事が完了した段階で、全棟において気密測定をします。
住まいには見えない隙間がさまざまな箇所に存在しています。
隙間が多いと、いくら暖房や冷房を行っても漏れてしまう、快適な室内環境を保つことはできません。
暮らしの心地を高めるためには、住まいの気密性は重要なポイントになります。

気密性C値0.5を記録する高気密住宅の
4つのメリット

  • 気密性の低い家 気密性の高い家 夏の熱気 冬の冷気 湿気 害虫

    隙間風を感じない夏の蒸し暑い空気、
    冬の冷たい空気が入ってこない

    01

  • 気密性の低い家 気密性の高い家 室内温度

    エアコンの暖かい空気、
    涼しい空気を逃がさない

    02

  • 気密性の低い家、結露が発生 気密性の高い家、結露を発生させない

    窓際に発生しやすい結露が
    発生しにくい

    03

  • 気密施工例(室内側調湿気密シート)

    さらに気密シートの採用により
    快適に長持ちする住宅を実現

    04

Check!

高断熱だけではなく、高気密にもこだわった
家づくりを目指し、1棟1棟が安心して
永く住める住まいをご提案します。

私たちタキナミは創業100年の実績を元に
福井県のご家族様が
“快適”で“健康”に“安心”できる家づくりを実現。
建てる時から住んだ後まで
一生涯サポートし続けます。

for a company for 100 years

Model
 House

実際に耐震性能を体感したい方
いつでも実際の構造や
制震ダンパーを見ることができる
リアルサイズ街かどモデルハウス